ご案内



このプログラムは、サイト訪問者限定のご案内になります。


どうもこんにちは、
バドミントン歴10年以上、現在は学校の部活コーチをしているJUNと申します。


自己紹介的なものはサイトの方にもありますので、バッサリと割愛させていただきまして、まずはお礼を言わせてください。


このページへアクセスしていただきありがとうございます。


あなたがこのページに辿り着いているということはきっと、このプログラムに興味を持ってくださり、

バドミントンが上達したいと思っておられることかと思います。


そして、何よりバドミントンが好きだからこそ上達したいと思っているんじゃないかと思います。


僕もバドミントンが大好きです(笑)


このプログラムは、そんなバドミントン仲間であるあなたのために作られました。


僕は10年以上の競技歴と、そしてコーチ経験から、

“バドミントンが上達したい!”

という多くの方に会ってきました。


そして、その中で気が付いたことで、しかも最も基本的なことが、

正しくラケットを握れている人すら中級者くらいまでのレベルではほとんどいない。


ということです。


バドミントンは特殊な動作を行うスポーツです。


例えば今、バドミントンをやったことが無い(もしくは指導を受けたことが無い)人が、ラケットをもってシャトルを打ったとします。

すると、ほぼ100%の確率でラケットを“決定的に”間違った握りで握ってしまいます。


どんなに運動神経の良い人でも、センスの良い人でも、間違ってしまう。

それもちょっとした間違いではなく、決定的に間違うのです。


そんなスポーツだと思ってください。


バドミントンの世界では有名なので、あなたも知っているかもしれませんが、

ラケットには、「ウエスタングリップ」と「イースタングリップ」という握り方があります。
(最近では「コンチネンタルグリップ」という呼び方もありますが、それは置いときます)

バドミントンの基本ショットは「イースタングリップ」がベースになります。

ここまでは、バドミントンをする人なら誰もが知っているくらいの内容だと思いますが、これを知ってても、

“ほとんどの人が間違ってる”

んですよね。


つまり、イースタングリップで握っているつもりでも、正しくイースタングリップでスイングできていない人が非常に多い。


断言します。


これが、バドミントンの上達を妨げる大きな原因になります。


握り方がおかしければ、スイングがおかしくなります。

スイングがおかしければ、身体の使い方がおかしくなります。

身体の使い方がおかしければ、全身のパワーを使ってシャトルを打つことができません。


つまり、握りが違うだけで、ものすごい「ハンデ」を負っていると言っても過言では無いわけです。


全身の力を使えず、身体の一部分だけに頼ったショットしか打てないので、

・クリアが飛ばない
・スマッシュが遅いし沈まない
・バックハンドが飛ばない
・レシーブが奥まで返せない

という、バドミントンで致命的な技術不足に陥ってしまうのです。


そして、これらの事を「間違った握りのまま」実現しようとすると、身体に“無理”な負担がかかり、怪我のリスクを高めます。



ですので、この改造プログラムでは、ラケットの「握り方」から徹底的にレクチャーします。


それは上記でもお伝えしたように、僕の長年の競技歴とコーチ経験を通した中で、


(自分では正しいと思っていても)

“間違った握りをしている人がほとんど”


だからで、それが決定的にバドミントンの上達を妨げているからです。


中には、僕が過去にバドミントンを教えたことがある主婦の方に、握り方を「こう変えてみてください」と教えた瞬間に、楽にクリアを飛ばせるようになってしかも肘も痛くなくなった、という人もいました。


すごく基本的なことですけど、「握り方」というのは案外見落としがちな、でもものすごく重要な上達のポイントです。


そして、正しい握りで正しいスイングを身に付けると、こんな事にも繋がります。。。

もしあなたが、速いスマッシュを打ちたいと思っているのなら。。。



実は僕、学生時代は、

“スマッシュ遅い”

で評判だったんですよね(汗)


シングルスは、ぶっちゃけスマッシュ遅くてもそこそこ勝てるのでシングルプレーヤーだった僕は全然気にしてなかったんですが、

社会人になってダブルスをやるようになってから痛感しました。

ダブルスでは、

「スマッシュが遅いだけで圧倒的に不利」

ってことです。


せっかく良いゲームメイクをして、チャンス球が来ても、スマッシュが遅いから全部を簡単にレシーブされて、

全く手も足も出ないまま負ける、っていう時期がありました。


で、スマッシュを速くするために僕が最初にやったことは、

“スイングの徹底的な見直し”

です。


今までのスイングフォームを捨てて、握り方から徹底的に見直して、人体構造なんかの本も読み漁り、合理的で最も全身の力を活かせるスイングを研究し尽くしました。


そして今ではどこの練習に行っても、「スマッシュ速ぇ」と言われるくらいには速くなりましたし、

あまり自慢してもダサいので、ここだけの話にしておきますが、

世界マスターズ優勝経験者の方(マジですごい人です)にも「いいなぁ、スマッシュ速いなぁ」と言われたこともあります。


スマッシュが速ければ、それだけでエースショットになりますし、

スマッシュが速ければ、相手が身構えて、ドロップやその他の“揺さぶるショット”というのが効いてきます。


スマッシュが速いだけでも、バドミントンでは大きな武器になるのです。


そして、速いスマッシュを打つためには、

“正しいスイング”

が必須です。



スイングが変われば、バドミントンは劇的に上達します。



僕が高校のコーチを始めて、まず初めにやったことは、

“ラケットの握り方を変える”

という指導です。


これを実行してから、


・クリアが飛ぶようになり、
・スマッシュが速くしかも沈むようになり、
・バックハンドのショットもしっかり打てるようになりました。


つまり、全体の「ショット」のレベルが格段に上がったということです。


そしてその半年後には、

地区大会の1回戦で勝てるかどうかというレベルの弱小校が、団体で県大会にも出場できるくらいの上達を成し遂げられたのです。


もちろんこれは、僕の指導が全てというわけではなく、真面目な学生の努力の継続によって為されたものですが、

“正しいスイング”

というのは、大きな上達のための重要なきっかけになるというのは紛れもない事実です。



もしあなたが、周囲の誰よりもバドミントンを上手くなりたいのなら、

真っ先に「正しいスイング」を身に付けることを、僕の長年の競技経験とコーチ経験からおススメします。



ただし、、、

バドミントンの技術理論は進化し続けています


これもバドミントンの世界では有名なのですが、

バドミントンの指導理論は、日々進化してい続けていて、古い指導方法が「完全な間違い」として現在では常識になっていたりします。


例えば、これは僕の中学時代の事ですが、

コーチから、

「スイングはできるだけ打点を高く、腕が耳に付くくらいピンと伸ばして振りなさい!」

と教わりました。

当時はそういう指導をする人が多かったのですが、これは現在では腕に負担を掛け過ぎることが分かっていて、しかも全身のパワーを使えない間違ったスイングとして認識されています。


握り方一つとっても、

「ラケットの面を床と垂直にして、グリップを握手するように握って」

と指導したりします。

これは今でも極々一般的な指導の仕方ですし、バドミントンの技術書なんかにも書かれていますけど、

これをそのまま初心者がやると、これもほぼ100%の確率で“間違った握り方”になります。


そこから正しい握り方に修正指導できるのは、本当に実力と知識のある指導者だけです。



ちゃんと教わりたいけど、身近にコーチもいないし、教室に通える時間もない。。。


中学や高校の部活でしっかりと指導を受けた人だけでなく、

大人になってからバドミントンを始めた全てのバドミントンプレイヤーが、正しいフォームを身に付ける機会を得られるように、


バドミントンの通信講座


を作りました。
(たぶん、日本初だと思います)


現役コーチが「正しいスイング」を身に付けられるように、一からスイングの方法と、その練習方法をレクチャーしていきます。


通信講座なので、あなたがどこに住んでいるかは関係ありません。


全国どこでも(もちろん海外からも)、インターネットに接続できる全ての方にご参加いただけますし、

時間的な制約もありません。

プログラムは、あなたのご都合の良い時に、ちょっとした空き時間でできることばかりです。




30日間スイング改造プログラムの詳細


それでは、『30日間スイング改造プログラム』の詳細をお伝えします。




スイングを完璧にマスターする、30日間のプログラム

30日の期間の中で、バドミントンの基本的な全てのスイングをマスターします。

オーバーヘッドストロークはもちろんのこと、サイドハンドストローク、アンダーハンドストローク、ラウンドヘッドストロークなど、

それから、バックハンドのスイングも全般的にマスターしていただきます。


これらのプログラムは、僕から随時メール等であなたの元へ配信されます。



このプログラムを実践していただくことで、


  • クリアを奥まで楽に飛ばしたい
  • →クリアが飛ばない人のほとんどは、全身でスイングしているように見えても、腕の力だけで飛ばそうとしています。全身の力を生かしたスイングを身に付ける方法と、具体的なトレーニング手順とは?

  • 速く、しかも沈むような角度のあるスマッシュを打ちたい
  • →打点と力の入れ方を変えるだけで、ビックリするくらい角度のあるスマッシュを打つことができます。

  • バックハンドでも攻めるショットを打ちたい
  • →正しい身体の使い方をすれば、フォアハンドよりもむしろバックハンドの方が安定してパワーのあるショットを打つことができます。

  • レシーブを奥まで楽に返したい
  • →初心者にとって最も難しいのが実はレシーブです。しかし、3つの事を意識するだけで驚くほど楽にレシーブが奥まで返るようになります。

  • キレイなフォームでショットを打ちたい
  • →指導を受けていないプレイヤーと、中高の部活経験者では、スイングフォームの綺麗さに違いがありますが、正しいフォームを身に付ければ周りからも「打ち方キレイだね!」って言われること請け合いです。

  • 一人で練習して劇的にバドミントンを上達させたい
  • →一人で練習できることには限りがありますが、「フォームを見直す」ということは一人でできることの中でも最大の効果を発揮できる練習です。プログラムの中ではそれ以外にも「一人でできる練習方法」をお伝えいたします。

  • 今よりも格段に上達して、バドミントンを楽しみたい
  • →何よりも、バドミントンが上達すればバドミントンが「楽しく」なります。「一生バドミントンを楽しみたい!」と思う人にこそ、このプログラムはおススメです。

  • もっと強い相手にも勝てるようになりたい
  • →圧倒的にバドミントンが上達すれば、今は勝てないあの人にも勝てるようになれるでしょう。バドミントンの上達は「積み重ね」です。そしてそのキッカケを“早いうちに”身に付けておくのが大きなアドバンテージになります。


・・・という、これらのあなたの願いをかなえることができるのが、『30日間スイング改造プログラム』です。



安心のメールサポート

もし、プログラムの中でわからないことなどがあれば、僕の元へメールでご連絡ください。

ご連絡いただいた内容が解決できるように、プログラム全体でシェアして、納得できるまで解説通信を配信します。




受講費用について


さて、ここからが実は重要な話になります。


実はこのプログラム、最初に企画したときは「8000円」の価格で募集する予定でした。


実際に、8000円で販売プロモーションを掛けて、

“あとは募集するだけ”

という状態まで準備していたのですが、、、、


僕はなるべく多くのバドミントンプレイヤーに「楽しくバドミントン」をやってもらいたいと思っています。


ですが、現実は多くの人がバドミントンの上達に悩んでいますし、無理なスイングで肘や肩を痛めています。


もしこのプログラムを8000円で提供すれば、(これでも破格だとは思いますが)一部のお金をかけることができる人だけが実践して、それでおしまいだと思います。


僕は文字通り“すべてのバドミントンプレイヤー”に、

「まず正しいスイングを」

身に付けてもらいたいと思っていますので、最終的にこのプログラムの参加費を見直すことにしました。



もう、このプログラム“無料”で提供します。



これは僕からの「挑戦」です。

このプログラムにご参加いただいた全ての方が、しっかりと正しいスイング方法を獲得し、

上達のきっかけにできるかどうか。


僕は、直接指導をしている人には、正しいスイングを身に付けてもらって、その後の急激なバドミントン技術の上達を実現することを、

ほぼ間違いなく実行できる自信があります。
(実際に、実行してきました)


ですが、このプログラムはインターネットを介してサービスを提供する、文字通り“通信講座”というスタイルです。

全国各地、どこでバドミントンをしている人でも関係なく受講できるように、ネットを介してサービスを提供するというスタイル。

それは前述のとおり「すべてのバドミントンプレイヤー」に正しいスイングを身に付けてもらいたいと思っているからこそのスタイルです。


と同時に、初めての試みでもあります。


ネットを介してサービスを提供して、それでも全ての方に正しくスイングを身に付けてもらえる指導ができるのかどうか。

自信はありますが、確信を得るにはまだまだ経験が必要だなと思ってます。



それらを考慮したうえでの、無料提供ですので、上記ご理解いただいたうえでお申込みいただければと思います。







ただ、残念ながら全ての方がご参加いただけるわけではありません・・・



上記のように一人ひとり手厚くサポートして、全ての方に「正しいスイングフォーム」を習得していただきたいと思っています。

ですので、必然的に僕がコーチングできる人数にも限界があります。


定員は「常時50名」程度とさせていただきます。


プログラム受講中の方が50名に達した時点で新規のお申し込みは一時停止となります。
(定員に達した時点で、お申込みフォームの方は入力不可の状態になります。)


一人ひとりを手厚くサポートして、バドミントンを本気で楽しんでいただきたいと思いますので、上記のような人数制限とさせていただくこと予めご了承くださいませ。




追伸:

「もうこれが自分の限界なんじゃないか。。。」


そう思った瞬間に、バドミントンの上達は停滞を迎えます。

しかし、バドミントンは生涯を通じて一生楽しめるスポーツです。


50歳で初めてラケットを握って、ものすごく上達して地域の大会で入賞している人なんてのもザラにいます。


年齢も環境も大して問題ではありません。


あなたがその気なら、“今この瞬間”から、周囲を圧倒して「上達する」ということは実現可能な課題です。

それも、ホンの少しの基本を身に付けることがキッカケになったりします。


あなたはバドミントンが好きですか?

僕は大好きです。

大好きだからこそ、いつまでも上達し続けたいと思っていますし、そのために、日々の練習はもちろんのこと、技術習得や、最新の技術理論のチェックは欠かしません。

特に、ここ最近はバドミントンのために生活しているといっても言い過ぎではないかもしれません。


でも、こんな僕でもバドミントンが嫌で嫌でたまらない時期もあったんですよね。。。


実際、僕は今30歳、バドミントンは中学からやっているんですけど、もうバドミントンやるのが嫌になっちゃって全くバドミントンやらなくなった時期があるんですよね。

それが、前述もしてますが「スマッシュ遅くて」ダブルスで負けまくってたのがきっかけです。


やっぱり、負けてばかりっていうのはどんなことでも楽しくないものです。


そこから、「このままじゃダメだな」と、握り方からフォームの全てを見直して、結果的に劇的に上達して今に繋がっています。


そして周りの人からも、

「すっごい上手だよね!」

「まだまだ強くなってるよね」

「スマッシュ速っ!!」

「よくそんな体勢から打てるね。。。」

そんなポジティブな評価を貰えるようになると、ますますバドミントンが楽しくなりますし、今はバドミントンが楽しくて楽しくてしょうがない。


このプログラムは、実際に僕が劇的に上達するきっかけになった、

そして、バドミントンが劇的に楽しめるきっかけになったことを、惜しみなく詰め込んでいます。


このプログラムがあなたにとっても、その大きなきっかけになることを確信しています。


もっと楽しくバドミントンをしたい。

もっと生き生きとバドミントンがしたい。


あなたが本気なら、僕も本気でお答えする準備が整っています。


それでは、プログラムの中でお待ちしております。


−JUN(西)−







page top